MENU

善徳女王(ソンドク女王)を全話一気に無料視聴する方法を紹介!

※公式サービスで8月15日より見放題動画として配信!

イ・ヨウォン主演の韓国時代劇『善徳女王(ソンドク女王)
朝鮮半島初の女王、善徳女王の波乱に満ちた半生を描いた超大作です。
ここでは、そんな『善徳女王(ソンドク女王)』の配信動画をお得に視聴する方法をまとめます。

善徳女王(ソンドク女王)』を全話フルで無料視聴

今すぐに『善徳女王(ソンドク女王)』をフルで無料視聴したい場合は、U-NEXT(ユーネクスト)がおすすめです。

善徳女王(ソンドク女王)を今すぐ視聴するならこちら

後ほどYoutubeやパンドラのリンクも紹介していきますが、

・低画質
・動画が止まる
・リンク切れ
・動画がバラバラで探しづらい(動画が尻切れなども)

といったように、実際おすすめはできません。

ですが、U-NEXTであれば登録から31日間無料のトライアル登録があり、さらに善徳女王(ソンドク女王)見放題作品

U-NEXTであれば『善徳女王(ソンドク女王)』やU-NEXTの見放題対象作品と他に大河時代劇作品なども合わせて31日間全て視聴することができてしまうのです。

お得なU-NEXT善徳女王(ソンドク女王)を今すぐ視聴

※31日視聴期間中に解約すれば、お金はかかりません

善徳女王(ソンドク女王)のキャストとあらすじ

善徳女王(ソンドク女王)のあらすじとキャストをそれぞれ紹介します。

キャスト

徳曼(とくまん、トンマン)/善徳(ぜんとく、ソンドク)女王:イ・ヨウォン/少女期:ナム・ジヒョン
美室(びしつ、ミシル):コ・ヒョンジョン/少女期:ユイ
金庾信(きん ゆしん、キム・ユシン):オム・テウン/少年期:イ・ヒョヌ
天明(てんめい、チョンミョン):パク・イェジン/少女期:シン・セギョン(松井茜)/幼年期:キム・ユジョン (女優)
毗曇(ひどん、ピダム):キム・ナムギル/少年期:パク・チビン

あらすじ

[aside type=”boader”]

<あらすじ>
7世紀の新羅。美貌と色仕掛けで王や花郎(ファラン)を操る稀代の妖婦・ミシルは、新羅第24代・チンフン王の死後、その権力をさらに増大させていた。そして、ついには王妃として絶対的な力を手に入れようと、チンフン王の孫であるチンピョンを王位に就かせ、意のままに操ろうと試みる。しかし、チンピョンの妻・マヤの腹には既に子供が宿っていた! 自らが王妃の席に座るため、マヤを殺そうと試みるミシル。しかしマヤは生き残り、無事に元気な双子の姉妹を出産するが…。
生まれながらに過酷な宿命を背負った姉妹。一人は姫として、もう一人は自らの出生の真実も知らない一般市民として。運命のもとにたぐり寄せられる二人と、絶対的な権力を持つミシルとの、壮絶な戦いが始まる…。

[/aside]

予告動画

善徳女王(ソンドク女王)の視聴方法

ユーチューブやパンドラで動画を無料視聴

違法アップロードサイトのリスト

Youtube パンドラ
善徳女王(ソンドク女王)  善徳女王(ソンドク女王)

ユーチューブは『善徳女王(ソンドク女王)の動画』はありますが、字幕なし、ハングルだけの動画しかありませんでした。
日本語と表記されていても、表示されない動画が殆どです。

※動画切れが多くなっております。ですが、違法動画サイトではなく公式サービスのU-NEXTでも『善徳女王(ソンドク女王)』の動画を無料視聴できますので流れを説明していきます。

公式動画で『善徳女王(ソンドク女王)』を無料視聴

上でも紹介しましたが、U-NEXTでも見放題作品として『善徳女王(ソンドク女王)』が動画配信されています。

 

そして、U-NEXTはお試しトライアル登録から1ヶ月間は無料でお金は一切かかりません。

 

そのため、『善徳女王(ソンドク女王)』の動画をフルで無料視聴することができ、31日以内に解約すれば0円で楽しむことができます。

お得なU-NEXTで善徳女王(ソンドク女王)を今すぐ視聴

※31日視聴期間中に解約すれば、お金はかかりません

まとめ

以上、善徳女王(ソンドク女王)を無料で視聴する方法のまとめでした。

YouTubeやパンドラのリンクが切れていたり、バラバラで探せなかったり何話か歯抜けの場合などはU-NEXTでなら観れますのでチェックしてみてください。

善徳女王(ソンドク女王)を今すぐ視聴するならこちら

※31日視聴期間中に解約すれば、お金はかかりません

ユーチューブやパンドラは違法アップロードされた動画なので、無料視聴できるU-NEXTで快適に安全に視聴してみてはいかがでしょうか?

本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする